資産運用格闘記 ~FXと株~
ど素人の資産運用の記録です。FXやってます。株も少しやってます。当面の目標は(切り良く)月10万円の利益確定!そんなのできんのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソーサーボトム
こんにちわ。うりほしとみです。
NZDが上がってますね。

僕としてはうまく底で買えてしてやったり、という
ところなんですが、買い増しに失敗しました。
その話は次に譲るとして、今回のNZDの動きは
ソーサーボトム型と呼ばれるものだそうです。

動きとしては、一旦下げ止まった後、底値でのもみ合いが
続いて下降トレンドラインを破った後、上昇する、というものです。
さらにレジスタンスを破ると上昇トレンドに転じるそうです。
図で書かないとイメージわかないかもしれないですが、
その名の通り「ソーサー(お皿)」の形に見えるので、
その名がついたそうです。

と、いうことなので、NZDはさらに上昇しそうです。
MACDも上向きそろそろゴールデンクロスしそうですし。
今度はこの前のような調整に捕まって逃げ遅れないように
したいです。
スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

ストキャスティック
こんばんわ。うりほしとみです。

はりけ~んさんのコメントにあった
ストキャスティックスロー(と、ストキャスティック)に
ついて調べてみました。

フムフム。。。
やっぱり数式はようわかりませんが(笑)、
RSIと同様売られすぎ・買われすぎを見るものな
わけですねぇ。

で、数式で算出された2本の線(%Kと%D)が
70%以上にいったら買われすぎ、
30%以下にいったら売られすぎなわけですね。
これがストキャスティック。

で、スローストキャスティックというのは、
%Dと、その%Dを移動平均した線(SD)の2本で
描かれるチャートで、やはり同じように売られすぎ、
買われすぎを見るものと。
こちらのほうがだましが少なくて使いやすいわけですね。
それから、2本の線のゴールデンクロスとデッドクロスも
それぞれ買い・売りのサインとなります。フム、なるほど

ただ、このチャートはトレンドが出ている際には
うまく使えないとも書いてありました。
確かに、外為どっとコムで試してみたところ、
トレンドが出てる間は上や下に張り付きっぱなし
になってしまうみたいですね。
その代わり、もみ合いのところではかなり当たってるように
見えます。

うーん、勉強になりますねぇ♪
というか、こんなことも知らんで相場張るなよって感じですが(爆)

テーマ:素人の外為証拠金取引(FX) - ジャンル:株式・投資・マネー

MACD
こんばんわ。うりほしとみです。

いい加減勘と度胸のトレードから卒業すべく、
すこしずつ投資について勉強中なんですが、
先週の調整でいろんなサイトやらブログやら見ていて
「MACD」という言葉を良く見かけたので、インターネットで調べてみました。

ふーん、Moving Average Convergence/Divergence Trading Method略してMACDですか。。。最後のTとDはどこ行ったんだ?
フムフム…指数だの数式だのは良くわかりませんが(爆)、
ようはその良くわからない数式によって描かれた2本の線
(MACDとSIGNALと言うらしい)を見て、買いのタイミングなのか
売りのタイミングなのかを見るのですね。

買いサイン
①先行するMACDが遅行する同平均(SIGNAL)を下から上に抜いた時(ゴールデンクロス)。
②①の後に2本のMACDがともにゼロのラインを上回れば、信頼度が増す。
売りサイン
①先行するMACDが遅行する同平均(SIGNAL)を上から下に抜いた時(デッドクロス)。
②①の後に2本のMACDがともにゼロのラインを下回れば、信頼度が増す。

外為どっとコムで実際にこのグラフを見てみると、
確かに調整が始まった頃に見事にはまってますね。。。
ここまでピタリとはまるということは、今回の調整は
実はわかりやすい動きだったという事なんでしょうか?
うーん、事前にこれを知っていれば、と思っても後の祭りですが(笑)

このMACD、だましが少なくて使いやすい(とあるサイトの受け売り)そうなので、
今後は、このMACDも使って取引してみようと思います。
早くゴールデンクロスしないかな♪

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。